監督・脚本:継田淳
(つぎたじゅん)

1974年生、日本大学芸術学部映画学科監督コース卒。
卒業制作作品『にくいあなた』で第21回ぴあフィルムフェスティバル技術賞受賞。
自主製作作品『ともだち』で2003年バンクーバー国際映画祭招待。
その後、商業の現場でホラー、ファンタジー系を中心に多くの作品を監督し、2010年の『ファッション・ヘル』はブリュッセル、ニューヨーク、スペイン他、海外の映画祭で熱狂的な反応を得る。また、2013年WOWOW放送の連続ドラマ『CLAMPドラマ ホリック xxxHOLiC』では監督での参加と同時に、メインライターを務めた。
脚本家としての活動も多岐にわたり、『ラッパー慕情』『山形スクリーム』『古代少女ドグちゃん』『怪談新耳袋 異形』『めめめのくらげ』『ヌイグルマーZ』など、参加作品多数。

ミニチュア特撮:飯塚貴士
(いいつかたかし)

地元茨城県牛久市でワッヘンフィルムスタジオを立ち上げ映画制作を行う。
人形とミニチュアセット、昔ながらの特撮技法を用いた作風が特徴で、代表作「ENCOUNTERS」は監督、脚本、撮影、美術、音楽、登場人物の声をほぼ一人で行った。近年では実写監督との共作「GREAT ROMANCE」や人気造形師や人気俳優を起用した「NINJA THEORY」「補欠ヒーローMEGA3」など新しい試みも積極的に行っている。

特殊美術:河村康輔
(Kosuke KAWAMURA)

1979年広島県生。東京在住。コラージュ・アーティスト、グラフィック・デザイナー。
ERECT Magazineアートディレクター。
06年、根本敬氏個展『根本敬ほか/入選!ほがらかな毎日』入選。
様々なライブ、イベント等のフライヤーを手掛ける。
雑誌 EYESCRAEM、WEB Designing、TRASH-UP!(根本敬氏と共作で 実験アート漫画)を連載中。
美術館、ギャラリー等で個展、グループ展に参加。
サンフランシスコでの個展「TOKYO POP!!」を開催する。
Winston Smithとのコラボレーション作品集「22Idols」、単独作品集「2ND」を刊行。
2012年、2013年(大友克洋氏とのコラボレーション展)、スイスのローザンヌで開催されているフェスティバル「LUFF」にて個展、ライブ・コラージュを行う。 代 表的な仕事に、「大友克洋GENGA展」(メイン・ヴィジュアル制作)、ルミネ×エヴァンゲリオン(広告ヴィジュアル、アートディレクション、デザイン)、田名網敬一作品集「glamour」(アートディレクション、デザイン)作品コラボレーション、大谷能生「JAZZ ABSTRACTIONS」(ジャケット・ヴィジュアル、デザイン)、中原昌也「エーガ界に捧ぐ 完全版」(装丁、デザイン)、地引雄一「EATER 90's」(装丁、デザイン)、SUGIZO「VESICA PISCES」(ジャケット・ヴィジュアル)、鴨田潤(イルリメ)「君の好きなバンド」(LPジャケット(キングジョー共作))、G-SHOCK 「Real Toughness Tokyo」(広告メインヴィジュアル、アートディレクション、デザイン)、Chim↑Pom「PARCO、CHIM↑POM展」用Tシャツデザイン、森 山大道「white and vinegar」(展示用メインヴィジュアル(コラージュ))、上村一夫原画展「花の輪廻」(作品提供)、大友克洋監督作品「SHORT PEACE」ポスター・ヴィジュアル、等を制作。